小野川ホタル情報

第30回小野川温泉ほたる祭り(2010年)

小野川温泉ホタル祭り
観賞期間 6月中旬〜7月末
ホタル茶屋期間 2010年6月19日〜7月19日
イベント日 7月3/7月4日(土・日)
2010年ホタル発生情報
5月7日 たちばなや上流ゲンジボタル3匹(温泉水が入り例外的発生)
5月12日 たちばなや上流ゲンジボタル3匹(温泉水が入り例外的発生)
5月28日 もやし場裏ヘイケボタル3匹(温泉水が入り例外的発生)
6月9日 もやし場北西ゲンジボタル6匹
     ししどや旅館裏ヘイケボタル10匹
6月13日 もやし場北西ゲンジボタル30匹


2007年ホタル情報
6月11日 もやし場5匹
6月19日 ホタル公園5匹 もやし場10匹
6月23日 ホタル公園10匹 もやし場10匹 大黒天下10匹
6月24日 ホタル公園8匹 もやし場8匹 大黒天下9匹

2005年のホタル情報

6月17日 ホタル公園で1匹ゲンジボタルを確認
6月18日 ホタル公園で1匹・もやし場裏10匹・農協裏1匹ゲンジボタルを確認
6月19日 ホタル公園で2匹・もやし場裏15匹・農協裏1匹・新田2匹・独楽の里0匹・晃楽園0匹・長者窪0匹
6月22日 ホタル公園で5匹・もやし場裏20匹・農協裏1匹・晃楽園1匹・長者窪0匹
6月24日 ホタル公園で15匹・もやし場裏15匹・・晃楽園1匹・長者窪0匹・新田20匹
6月25日 ホタル公園15匹・もやし場裏15匹・農協裏3匹・夜鷹原橋0匹・射撃場3匹・独楽の里21匹
6月26日 ホタル公園30匹・広幡25匹・東沢5匹・逆沢300匹(小雨、9時30分以降で条件悪し)
6月29日 ホタル公園35匹・晃楽園20匹・長者窪2匹・新田20匹匹・北小屋20匹・独楽の里25匹、もやし場裏0匹、小林麹0匹
7月2日 ホタル公園80匹・晃楽園20匹
7月3日 ホタル公園70匹
7月5日 ホタル公園60匹・笹原ヒメボタル300匹
7月7日 ホタル公園ゲンジ60匹・ヘイケ初見2匹・笹原ヒメボタル1000匹
7月11日 ホタル公園ゲンジ25匹・農協裏2匹・もやし場裏0匹・窪晃楽園20匹・長者窪15匹・北小屋10域
      新田20匹・独楽の里5匹
7月17日 ホタル公園のゲンジは15日で終了。ホタル公園ヘイケ80匹
2004年のホタル発生情報

6月8日 ほたるの散歩道左岸にゲンジボタル1匹発生と報告あり
6月9日 ほたる公園にゲンジボタル1匹発生と報告あり
6月11日 ほたる公園・ほたるの散歩道左岸を観察、小雨の為か初見を確認できず。
6月12日 ほたる公園の広場西水路に一匹、ほたるの散歩道左岸の小野川橋下流に一匹を観察、初見を確認。それぞれ1匹だが、高く飛翔
6月14日 ほたるの散歩道大樽川左岸に一匹を観察。ほたる公園の広場西水路は未確認。
       もやし場裏に5匹、農協裏に1匹確認。すべて高く飛翔。全てゲンジボタルです。
6月15日 ほたるの散歩道に観察できず。ほたる公園の広場東水路に飛翔なしで5匹確認。
       もやし場裏に1匹飛翔、農協裏に2匹飛翔確認。寒さの為ほぼ飛翔ナシで確認。
6月17日 ほたるの散歩道に観察できず。ほたる公園の広場西に1匹飛翔、東水路に飛翔なしで3匹確認。
       もやし場裏に1匹飛翔、飛翔なし5匹、農協裏に8匹飛翔確認。まだまだ発生前期です。ピークは25日以降か!
       18日から20日まで全国ホタル研究会で富山に行きます。発生情報はお休みです。
6月20日 ほたるの散歩道に2匹観察。ほたる公園の広場西に5匹飛翔、東水路に5匹飛翔確認。
       もやし場裏で飛翔確認なし、飛翔なし。農協裏に10匹飛翔確認。まだまだ発生前期です。ピークは25日以降か!      
6月22日 ほたるの散歩道に8匹観。ほたる公園に29匹。もやし場裏で確認なし。農協裏に5匹。独楽の里28匹。赤芝確認なし。
       新田8匹。一盃5匹。晃楽園16匹。小野川郵便局2匹・・蒸し暑し
6月23日 独楽の里42匹。新田28匹。小中沢→備之越→新田→一盃→北小屋→屋敷の各地で50m間隔で1匹・・蒸し暑し
       山口芳彦愛護会員から、笹原のヒメボタル100匹確認と連絡有。例年より1週間発生が早い。
6月24日 ほたるの散歩道に7匹。ほたる公園に32匹。もやし場裏で確認なし。農協裏に0匹。元発電所2匹
       スキー場前1匹、小四郎宅0匹(今年も復元なしか)・・蒸し暑し
6月26日 ほたるの散歩道に12匹。ほたる公園に28匹。本日よりほたるまつり開始。意外と少なし。
6月27日 笹原のヒメボタル300匹
6月28日 ほたるの散歩道に13匹。ほたる公園に26匹。農協裏に2匹。元発電所12匹、スキー場前3匹、もやし場0匹、独楽の里17匹
6月30日 広幡上流2匹、中流8匹、下流0匹(発生後期か?)、逆沢全体で約150匹(下流部少なしだが、今まで確認なしの上流に多数確認)
       中田沢8匹、大田川12匹、一盃8匹、新田19匹、初神15匹、田代原9匹、長者窪8匹、窪晃楽園32匹(周囲も含め)
       笹原南ヒメ500匹以上、ゲンジ30匹、笹原黒田宅南30匹、大佐田発電水路0匹、夜鷹原橋ヒメ3匹
7月14日  ほたる公園のゲンジは10日で終了、ヘイケが最盛期です。ヒメは10日で終了です。
       笹原のゲンジは大量発生で300匹はいましたが、発生末期です。

ホタルの写真

小野川のホタルについて   ゲンジボタル  保護活動       

小野川のホタルは環境省の「ふるさといきものの里」として、ホタルが指定されてます。
小野川のホタルは自然発生で、温泉街の周辺各地で見れます。

近年、ホタルの発生数競争が行われ、ホタルや餌のカワニナを移動・養殖するところがあります。
そのことで、ホタルの地域固有性が失われ、結果的にホタルを増やすことが生態系・自然を壊すことになるとの指摘もあります。
東京では遺伝子的に違う西日本型ゲンジボタルが生息してます。

小野川では「ホタルは身近な自然のシンボル」として、ホタルが生息する地域は多くの生き物おり、多くの生き物が生息する地域は人住みよい地域と考え、地域の自然環境を大切にしています。

ホタル観賞について   ホタルの乱舞  ホタル供養塔


温泉街の人家の裏でホタルが見れますが、多くの人々の観賞は住民の迷惑になります。
観賞地をホタル公園にしてます。ここが一番発生数も多く、安定的に観賞できます。もちろん、発生数の競争はしてません。
昔の農家が行っていた、水路の水管理・草刈・泥上げし、ホタルの成育を促しています。飛翔数の多いときは100匹ぐらいカウントできます。

観賞期間 
ゲンジボタル・・6月15日〜7月10日頃(4秒周期で明滅の清流に住む大きいホタル)
ヘイケボタル・・7月1日〜7月31日頃(2秒周期で明滅の田んぼ等に住む大きいホタル)
ヒメボタル・・6月25日〜7月10日頃(オレンジ色の明滅の陸に住むホタル)

(ゲンジボタルは小野川上流部は7月20日頃まで)

ホタルの観賞期間
ホタルの種類 6月11日
〜15日
6月16日
〜20日
6月21日
〜25日
6月26日
〜30日
7月1日
〜5日
7月6日
〜10日
7月11日
〜15日
7月16日
〜20日
7月21日
〜31日
8月1日
〜15日
ゲンジボタル
ヘイケボタル
ヒメボタル


観賞条件
蒸れた夜が最も多く見れます。雨・寒い・風・明るい月夜の時は草むらで光ってますが、あまり飛びません。

観賞時間

ゲンジ・ヘイケボタル・・夜の7時45分〜9時が観賞時間帯です。
ヒメボタル・・・・・・・・・・夜の9時〜11時

観賞場所
 

小野川ホタル公園・・・小野川温泉街から南西300m・・ゲンジ・ヘイケボタル
小野川ほたるの散歩道・・・小野川温泉の大樽川・・ゲンジ
晃楽園・・・・・・・・・・・・小野川温泉街から西1000m・・ゲンジ・ヘイケボタル
笹原〜関・・・・・・・・・・小野川温泉街から南3000m・・ヒメ・ゲンジ・ヘイケボタル

お願い 
 
@ ホタルはむやみに取らない
A 水辺にむやみに近づかない
B タバコやゴミは捨てないで持ち帰る
C 花火や車のライトや懐中電灯を自粛する

2003年ホタル発生情報

ホタルブクロウ 乱舞 ゲンジボタル 草むらで ゲンジボタルオスメス

ホタルの説明Q&A
ホタルの紙芝居


小野川のホタルの説明

ホタルの説明Q&A
ホタルの紙芝居

トンボ観察・学習会・・2003年8月2日

第37回全国ホタル研究会高岡大会
全国ホタル研究会米沢大会を振り返って(蔦幹夫)
大樽川について・・山形新聞「提言」記事原稿(蔦幹夫)
県政への提言「未来に伝える美しい山形つくり」一般の部最優秀賞 「田舎こそ、山形の魅力」(蔦幹夫)
   
 トップに戻る