木地玩具 ケン玉

    大正時代にブリキ・セルロイドのおもちゃが
登場する以前は、おもちゃの素材は自然素材
の土・紙や布とともに木のおもちゃが主流であ
った。温泉湯治や神社仏閣の土産として独楽な
どの木製玩具が販売された。木製玩具でも、
轆轤を使用した玩具は当時では精巧な形状が
可能であった。昔の独楽の主産地は箱根が近い
小田原や草津・伊香保を控える高崎や伊勢参り
の伊勢であった。湯治の風習が盛んな東北では、
豊富な木材を利用し、東北各地の温泉地などで
、数多くの轆轤による木製玩具が作られた。東北
ではこの木製玩具を木地玩具と呼んだ。大正以
降、おもちゃの素材がブリキ・セルロイドに変化す
る中、木地玩具を製作する木地師は、木のおもちゃ
であったこけしが観賞物になり、こけしとともに木
地玩具の製造が細々ながら存続した。


NO 262

桜材の
ケン玉
カップ
ケン玉


有色材の木目が美しく、木質が硬い桜の木を使用した小ぶりなケン玉。一般的には市場に流通していない。
600円 6.5a×5a×16a

ケンダマを握る 大皿のせ 剣先のせ
中皿のせ


木地玩具蔦屋
山形県米沢市赤芝町小野川温泉口1547
0238−32−2600